腎臓病の治療はまずクレアチニンを下げることから

CKD治療の柱は薬物治療とご飯療法になり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。ご飯療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が似つかわしいとされているのですが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、いわゆる蛋白制限食は不味い、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施するのが難しい方持たくさん見られます。腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大事です。食塩摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、生の食品を選びましょう。毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。食材の味を楽し向事が出来ます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多くふくまれます。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく食品」が一般に販売されています。まずは具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談して頂戴。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。60kg前後を標準体重とすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となるでしょう。食品における蛋白含有量を知りたければ食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。このようなご飯療法については、栄養士の指示で自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。開業医さんでご飯指導が難しい場合は、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、具体的な献立の工夫や、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。たとえば低たんぱくご飯療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。一日における排泄物を検査し計算をします。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、定期的に健康診断をうけ早期に発見し、日常的に規則正しい生活を続けることによりいつもと変わらない健やかな生活を送る事が出来ます。ところが、腎臓病の中にはまあまあ進行するまで自己判断が難しいものもあるので、常日頃の健康管理が大事です。たとえば、いつもとはちがう尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先しましょう。腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれが数多く存在している場所でもあるのです。腎臓におけるメインの働きは、たんぱく質の代謝によって発生した血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。その他にも、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保ったり、赤血球を創るホルモンや血圧調整、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなどたいへん重要な役目を司っています。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっているのです。背中に二つ存在する腎臓で尿がつくられ体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質の安定を維持したり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を創る働きをしたり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切でしょうが、毎日のご飯や生活習慣を改めることの方が大切でしょう。 一度失われてしまった腎臓の機能は、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。治療法も多様化してきたため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、これまでの透析療法や移植とは別にいくつもの選択肢が用意してあるので、患者自身のQOL(生活の質)に合った治療を選ぶことが期待できます。腎臓病が徐々に進展してくると次は腎不全と呼ばれる状態になるでしょう。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、長期間にわたり徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。急性腎不全では、適切な治療を行って病状悪化の元を探り除去することにより、腎機能の回復が見込めます。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行といっしょに腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。多くの慢性腎臓病(継続して腎臓の機能が低下していたり、腎臓に障害が起きている状態をいいます)の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。濃縮加工した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもカリウム含有量は極めて高いものが多いのです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。参考にしたサイト>>>>>クレアチニン 下げる