ウェルネスダイニングの腎臓病宅配食は非常にレベルが高いです!

CKDの治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。ご飯療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、高血圧(特に不自由を感じていなくても、改善しないと危険です)治療を容易にするには減塩食がふさわしく、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、カロリー摂取が満たされないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。腎臓は尿を造る臓器で背中に二つあってはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院しふさわしい治療を受けることも先決ですが、日頃から、規則正しいご飯や生活を送ることが必須です。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。標準体重を約60kgと仮定すると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになるでしょうよ。食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。このようなご飯療法については、栄養士の指示で具体的な工夫について指導して貰うことも可能です。仮に開業医さんにご飯指導を受け付けて貰えなかったら、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。濃縮加工した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもカリウム含有量は極めて高いものが多いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症を発症する危険が高まります。腎臓病を発症した方のおこなうご飯療法の趣意は、なるべく腎臓病を悪化させない事と、健康体のキープとされるのです。透析の要らない保存期のうちは、ご飯療法を手掛ける事で腎不全への進行を遅らせることができ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。また、透析導入後も、できる限り健康体で透析をするために、ご飯療法は大きな意味を持ちます。ご飯をして摂り入れ立たんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されるのです。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に悪影響を出します。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、不足しないように補給する必要があります。日々のご飯ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、具体的な献立の工夫や、さらに食塩の軽減対策などを指導します。例えば低たんぱくご飯療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、それに必要な紹介や説明もしていきます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量をみることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を含んだご飯を作る場合、細かく切り分けて茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事により取り除けるカリウムの分量は、その種類や調理するときの形状・水の量・処理時間によりも異なるでしょうよ。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されるのです。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多く入っているのです。オヤツには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、基準値を超え立たんぱく質を摂取する事になるでしょうよ。例えば、ショートケーキひとつには卵1個分と同程度のたんぱく質が含まれます。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質は分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負荷が及びます。そのため、たんぱく質の制限が必要となるでしょうよ。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で言えば30~40gに相当します。続きはこちら>>>>>ウェルネスダイニング 宅配