介護施設の食事は栄養士がバランスの良い献立をつくる

介護施設のご飯は栄養士がバランスの良い献立をつくり、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、飲み込向ことや噛む力が特に低下している方の場合は、それぞれに合わせて調理することが大事です。また各老人ホームによりますが、どんな食材かわからないほど細かく刻まれたご飯ではなく、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、たとえ飲み込みや噛む機能が低下したかたでも、美味しく食べられる調理法を提供している老人ホームもあります。介護食は無理なく食べられる状態にすることに加え、介護する側もご飯を用意する負担を減らすためにも、それを創るための器具はとても役にたちます。介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、噛みやすく、そして飲み込みやすいなめらかな状態です。フードプロセッサーは少ない水の量で食材を細かく切ったり、さらに細かくペースト状にしたりなど、簡単に調理が出来るようになってます。そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることもできます。よりなめらかな方が好ましい場合には、つぶつぶ感をなくすために裏ごし器を使うのも良いでしょう。疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、いつまでも体を不自由なく動かせるように良質なたんぱく質を摂取しましょう。そこで良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材としておすすめできるのが卵と豆腐ですので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂ると良いでしょう。また肉や魚にも卵や豆腐とは異なるアミノ酸、ビタミンそしてミネラルなどの栄養素がふくまれているため、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、他の人よりも長生きできるということも分かっています。加齢にともない顔まわりの筋肉が衰えたり歯が弱くなったりすると、嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。昔からよく食べていたものを思ったように食べることが困難になり、飲み込むときにむせることが増え、誤って食べ物が気管に入り「誤嚥性肺炎」を引き起こす可能性があります。また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、やわらかい食材など食べられる物が限られたり、あまり多くの量を食べなくなり栄養が偏った状態になっているおそれがあります。介護食の見た目で食欲が出るか、なくなるかは変わってきます。飲み込みやすさや食べやすさを重視しすぎて、見た目も悪く、味もあまり良くないものだと、食欲は失われてしまいます。食べる動作に無理は生じないか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。年齢といっしょに唾液も創られにくくなるため、口に含んだときに、口の中が乾いてしまうようなものは食べづらいです。とはいえ水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)が多くふくまれていると、むせてしまう可能性が高くなるので、食べやすい具材を使用して、ご飯に負担のない形状につくり変えます。病院で出されるご飯は主に、完成した料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目も味もオイシイと感じられないものでした。入院中のお年寄りのごはんが思うように進まなかったのは噛向ことが難しいからではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、家庭で用意するときは料理を丸ごとペースト状にするようなご飯は出さないと決めました。入院先で摂食嚥下障害専門の看護師さんに退院した後のご飯について伺ったら、『柔らかければ何でもいいですよ』とだけ言われました。介護食を毎食ごとに冷凍しておくとご飯準備に手間取らないと分かりました。年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。介護食はご飯が思うようにできない方のためのご飯ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。問題なくご飯がおこなえる目標の基準にしてレベルごとに分けられているのが介護食です。食べる動作の難しさの度合いによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食まで異なる6つのレベルに分け、どの段階の方でも美味しくご飯ができるように、食物のやわらかさなどを統一することで、家庭でも病院や施設と同じように安心してご飯をとることができるようになるものです。年齢といっしょに、また病気や怪我などによって固いものが食べづらい、水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)を飲み込むのが難しくなるというような悩みが出てきます。どんな状況においても楽しくご飯ができるように介護用食品は、いかに食べやすいかを重要視した商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。ご自宅で介護食を創ることは、介護をする側にとってとても負担が大きいです。介護のための食品は、心休まる瞬間を創る手助けになったり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。介護を受ける側も、手助けをする側も、どちらにおもったよりありがたい介護食品をぜひ使ってみてはいかがでしょうか。「あまり食欲がない」「食べにくい」と感じることが増えると、必然と用意するものも簡単なものになってしまうでしょう。そういうときは、すぐに用意できる食品を足して、たとえ少ししか食べられないとしてもバランスのよいご飯を心がけましょう。食欲がないとき、おかゆを食べるだけで安心していませんか?おかゆを創るとき、ごはんより多く水を使うので、一杯くらいでは、同量のごはんを食べた時のエネルギーには到底及びません。なのでおかゆだけを食べるのではなく、ほかの食材も摂るようにすることで、その日に必要なエネルギーや栄養を足すことを心がけましょう。近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものです。フレイルとは、体重が落ちたり歩いてもすぐ疲れてしまうといった様子がみられ、何も手を打たないままだと要介護の状態になる状況が近い将来訪れる可能性が高いことをいいます。フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の障害により歩行や日常のあらゆる行動において支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態につながるとされています。この「負の連鎖」の原因となるのが低栄養なのです。引用:介護食 宅配 口コミ