血糖値スパイクの自覚症状を感じることは稀である

沢山の食品群には色々な栄養素がふくまれており、それらを適量摂取することが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大事でありひんととなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。私たちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、その中に多く含有される栄養素ごとに、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、1単位80kcalに合わせた食品の重量が掲さいしてあります。そうした食品交換表を参考にすることで、日々の献立づくりの幅が広がります。もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと考える患者さんがほとんどかも知れません。ですが、糖尿病の患者さんの思いとはうらはらに、食べられる食品はたくさんあります。「食事療法」用に用意された献立があるためはなく、個人に必要な総摂取エネルギーの範囲内で食べ物の栄養バランスを照らし合わせながら実践することが重要になるでしょう。この食事療法の考えは、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、本来健康なひとでも考えないといけないことなのです。日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「食生活を改めたいけれど、中々難しい、特別な運動は必要ないのではないか」と言う方もいるかも知れません。大抵は糖尿病予備軍で症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が出ることは稀なので、前もって生活を変えるということは難しいことです。しかし、糖尿病の境界型になると、色々な体調の変化が顕れてきます。たとえば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが出にくくなったりする変化は、糖尿病予備軍の段階から見受けられます。インスリンの作用は年齢と伴に低下するため筋肉への糖の取り込みが減ってます。血糖値が上昇しやすくなる(血糖値スパイク)のは、そのためです。食後は特別、ブドウ糖が急激に体内へ吸収されるため血糖値が上がります。血糖値が上昇するのを防ぐ方法として「ベジタブルファースト」があります。まずは野菜から食べるといった食事法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富に含む野菜は、作用として他の食品の消化吸収を緩やかにします。食事や麺類といった炭水化物(炭水化物を摂らないダイエットは、健康を害したり、リバウンドする原因になります)にふくまれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。体内時計の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。わたしたちの体内で日常的におこなわれている糖代謝・脂質代謝、あるいは睡眠・体温・血圧など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」によって大聴く作用します。「体内時計」は、生活スタイルから影響を受けています。「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、「いつ食べるか」という体内時計の視点を加えて、食事のリズムと機能性が持たらす作用について新しく研究する分野です。糖尿病を大聴く分けると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に分類できます。その中でも、食生活や生活習慣と関わりが深く発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病」です。初めは血糖値が高いこと自体に自覚症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を感じないことが多いですが、その通り状態が進行し悪化すると多くの合併症の引き金になるでしょう。適切でない食習慣は2型糖尿病の原因にもなりかねないので、治療の目的として食生活の改善が重要です。糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、そして悪化を防ぐことも食事療法の目的です。「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。3食バランスよく食べて、できるだけ食事を少なくすることが大事です。最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。そして食事は半分のこしましょう」と、提案しています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンの機能が悪化し、継続的に血糖値が高いままの病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって体重に加え血中の状態(血圧・血糖・血清脂質)のバランスを良好に保つことで、たとえば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化症を予防し、自由にからだを動かし活発な日常生活はもちろんのこと、充実した人生をおくるようにすることです。食事療法を始めとした治療が適切におこなわれれば、糖尿病の合併症や動脈硬化症への移行を予防することにもなるでしょう。食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。ゆっくり食べた方が、血糖値の上昇を抑えられたり、満腹中枢が満たされたりするからです。いくら仕事が忙しくても、短時間での食事摂取は回避しましょう。食物繊維は血糖値を下げる作用を促しますので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。ポテトやコーンは糖質に注意しながら摂ってちょうだい。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、1日における食品との交換は20単位となるでしょうが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶことが大事です。みなさんがよく知っている外食メニューも、「食品交換表」には掲さいされています。カロリーや栄養素を参考にしておくとよいでしょう。薬物療法を行っている場合、食べものを摂るタイミングをしっかり意識(寝不足だったりすると、保つのが難しくなりますね)しておかないと、低血糖を伴う可能性があるため心がけが必要です。その時節独特の食材をメニューに取り入れたり、外食の仕方にもアイデアを取り入れて、充実した食事療法を行ってちょうだい。よく読まれてるサイト>>>>>血糖値スパイク